結婚指輪と婚約指輪の重ね着け

すでに婚約指輪を準備したものの、結婚指輪は重ねづけができるタイプのもので探したいという人もいるでしょう。

ブライダルリングの重ねづけはちょっとしたブームになっていて、2つともをいっぺんに着けることでしまいっぱなしになりがちな婚約指輪も毎日の生活の中で楽しめるようにしたいという女性が増えています。

この重ねづけのメリットは、仕舞い込みがちになる婚約指輪の活用のチャンスを増やすだけでなく、ジュエリー上級者のようにさりげなく二つのジュエリーリングを使いこなすことができる点でしょう。

結婚式の御呼ばれやお祝いのイベントの際などにはファッションも華やかなコーディネートをしますが、それに合わせて指先もゴージャスになります。

注意が必要なのは、ジュエリーの重ねづけはそれほど誰もが活用できるというものではないという点でしょうか。

大ぶりのデザインものを二つ指にはめてみるとわかりますが、かなり派手な印象になります。

日常遣いにできるかというと、難しい場面も出てくるでしょう。

最初から重ねづけをする前提でデザインされた一組のブライダルリングならば、両方を指に着けた時の指当たりなども含めて計算されています。

そうでない場合には、そもそも重ねて着けることが物理的に可能かどうかの確認が必要です。

関節のところで結婚指輪と婚約指輪がカチカチぶつかってしまったり、つけ心地の面でも問題が出てきます。

別々のお店で重ねづけを考慮して結婚指輪を選ぶなら、婚約指輪を店頭に持参して、実際に両方を着けてみて、加減を調節する必要も出てきます。

《Check!》→ハッピー結婚指輪知識集