結婚指輪が変形する?!

結婚指輪の素材と言えばプラチナとも言われるくらいにプラチナリングの人気は高いものです。

ゴールドのリングは普段の自分のファッションや雰囲気に似合わない、仕事先でゴールドのジュエリーは悪目立ちしそう。

ましてゴールドにダイヤモンドが掛け合わされたタイプは、営業職には差し支えるなど、さまざまな理由があります。

背景には日本人のわびさびの文化があり、少し地味でシンプルなものをおしゃれに使いこなすのが良いとされる理由になっているのかもしれません。

プラチナの結婚指輪は他の素材と比較して高額です。

硬度も強くいつまでたっても色あせない、丈夫な素材だと勘違いしている人もいるかもしれません。

プラチナのメリットとしての、変色しにくいというのは事実で、金属にアレルギーを持っている人なども、比較的安心して選べる素材ということが言えます。

しかし、硬度はあまり強くないため、傷がつきやすいのが欠点になっています。

注意したいのは、最近の結婚指輪のデザイン傾向です。

人気の高いウェーブデザイン、アームのところどころで細くなるデザインなどは、強度に問題のあるプラチナ素材の場合には、選ぶ際にも気を付けたい点がいくつかあります。

リングサイズの小さい方は、細くて華奢なプラチナの結婚指輪は、少し奮発して価格帯のしっかりしたものを選ぶのがコツです。

プラチナ素材は地金の使用量が価格に反映されます。

安くて華奢なデザインは、変形や破損することもあります。